ページの先頭です

国民健康保険 【出産育児一時金】

[2013年4月9日]

ID:416

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

6.出産育児一時金

 国保に加入している人が出産したときに、申請により出産育児一時金が支給されます。(妊娠85日以上の死産・流産でも支給されます。)
 ただし、他の健康保険などから相当する給付をうけられる場合を除きます。申請できる期間は出産日の翌日から2年間です。

  ●産科医療補償制度対象分娩の場合・・・42万円
    (H23.4月以降の出産)

  ●上記制度対象外の場合・・・39万円

また、出産費用の心配をなくし安心して出産できるようにするため、平成21年10月からは各医療保険者(健康保険証の発行元)から直接病院等へ出産育児一時金を支払う仕組みに変わります。

なお、直接病院等に出産育児一時金を支払われることを望まれない人は、出産後にご本人に支払う現行制度を利用することも可能です。その場合、出産にかかった費用は全額病院等へ支払っていただいた後、領収書・産科医療補償制度加入機関である証明を添えて各医療保険者へ請求していただくことになります。(出産育児一時金支払請求書

(出産費用が支給額(原則42万円)を超えた場合、超過分は病院等から出産された人へ請求されます。支給額(原則42万円)以内であった場合、その差額分は、後日出産された人から各医療保険者(健康保険証の発行元)に請求していただくことになります。)(出産育児金一時金差額分支払請求書

 

組織内ジャンル

保健福祉部門医療保険課

お問い合わせ

豊郷町役場保健福祉部門医療保険課

電話: 0749-35-8117

ファックス: 0749-35-4588

電話番号のかけ間違いにご注意ください!


国民健康保険 【出産育児一時金】への別ルート

Copyright (C)toyosatochou All Rights Reserved.
スマートフォン版ページへ